コラム|営業担当者の話術に騙されていませんか?

営業担当者の話術に騙されていませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
不動産の格言を知る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

不動産取引に使われる格言を
紹介します。
 
あなたが家探しをしている
お客さんだとします。
 
駅近くのA物件 4000万円
駅から遠いB物件 3500万円
 
仲介の人がA物件をオススメしたい
ときにはこう言います。
 
~安かろう悪かろう~

「安かろう悪かろう
という言葉がありますよね。
広いし、安くて、少し駅から
離れているけれど環境が良いと
B物件のようなものを選んでしまうと
売る時になって後悔するのでは
ありませんか。」 
 
~安もの買いの銭失い~

「安もの買いの銭失いと言いますし、
値段の安いものにはそれだけの理由が
あります。
建物だって、これだけ安いということは
本来あるはずの何かの手が抜かれている
かもしれない。
そもそも、建物にお金をかけないでいて
10年、20年もつと思われますか。」
 
格言を使うとトークの説得力が
増すことがあるのです。
 
実は、こんな不動産格言集みたいな
不動産営業本があるのです。
 
「億ションを売る方法」とか
「10人中8人はあきらめよ」とか
「しつこさと熱心さは紙一重」とか
「安くしてくれるのでしょ。
と言われて言葉を失うな。」とか・・・

営業担当者の中には
格言を使って話術巧みに
あなたが希望しない方向へ
話を誘導する人もいるかもしれません。

もっともらしい格言に惑わされずに
あなたの希望を叶えてくれる
不動産会社の担当者を選んでください。

==========================
不動産の格言に惑われない。
==========================

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!