コラム|【あなたは媒介契約時にインスペクション(建物検査)の斡旋を受けましたか?】

【あなたは媒介契約時にインスペクション(建物検査)の斡旋を受けましたか?】

媒介契約という言葉を知っているあなたは、すでに不動産の媒介契約を結ばれた後かもしれません。ただ一つ知っておいてほしいことがあります。

 

あなたは媒介契約時にインスペクション(建物検査)の斡旋は受けましたか?

 

宅建業法が改正され、不動産会社は媒介契約時にインスペクションの有無を聞く必要がございます。

これは売った後の不動産の瑕疵(つまり水漏れなどの重大な欠陥)が見つかった後、買主様がお困りになられてた現状を是正するための施策になります。

 

検査を行い建物の履歴を残すことは、買主様にとっては大変重要なものになります。中古住宅を購入される方の多くは建物の耐震面などにご不安を持たれていることが多いのです。

また今後、中古住宅はさらに次世代へと流通していく持続可能な社会になっていく傾向にあります。

 

売主様にとってもインスペクション(建物検査)を行うことで、既存住宅売買瑕疵保険という売却した後の売主様の負担などが基本的になくなる保険も加入できるようになりメリットも多いです。

 

売主様と買主様双方にご満足頂いて喜んで頂くのが弊社の使命と考えておりますので、

弊社では売主様の物件を預かる専任媒介契約締結時に弊社負担にてインスペクション(建物検査)を実施しております。

 

大阪市でマンション売却を行うなら「だんらん住宅」まで!

 

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!