コラム|今後コロナウイルスで不動産業界はどうなっていくの?

今後コロナウイルスで不動産業界はどうなっていくの?

 

こんにちは、「だんらん住宅」です。
大阪市内でも新型コロナウイルスはまだまだ収まりそうにはありません。
今後、不動産売買はどうなっていくのでしょうか。
コロナウイルスは様々な業種に多大なる影響を与えました。
特に不動産業界においては大きな影響がありました。

ここでは、不動産業界がコロナの影響でどうなっていくか?をご紹介していきます。
今後、コロナで不動産業界がどうなっていくのか?お悩みの方も多いと思います。
不動産業界より知り得るお話をしていきます。


不動産を購入する方にとって、コロナウイルスの影響と今後


投資用物件を購入する不動産投資家の撤退

元々、大阪市や京都市といった関西でも有数の外国人を受け入れていた地域において、
これまで投資用として物件を購入されていた不動産投資家が減りました。
コロナウイルスが今後も長引けば、不動産市場への影響は更に悪くなっていくでしょう。


投資物件だけではない、通常の不動産売買物件の数も減少しています。

コロナウイルスが流行している中では、居住用で住宅を購入を考えていた層も
もう少し様子を見てみようとなっています。それに伴って不動産売買の動きも少なくなりました。


不動産を売却する方にとって、コロナウイルスの影響と今後

不動産を売却する人にとっては良い状況ではないでは無くなってきます。

これまで住宅が売れていたのは、日銀の金融緩和などにより
フラット35をはじめとしたローンが低金利で借りれたことや雇用環境の改善があったため。

コロナウイルスの影響によっては収入の減少、離職の憂き目にあう方も今後出てくるでしょう。
そうした時に不動産の購入を考える状況ではない人が増えていきます。


ただ、それでも住宅ローン返済が苦しい方は「任意売却」という選択を!

コロナウイルスの影響で今後、不動産は売れにくくなると紹介しましたが、
それでも住宅ローン返済が厳しい方は、任意売却は早めにすべきです。

現状の生活が苦しいのであれば、今後、第二波・三波が来たときに、
収入減少や離職の可能性がないとは言えません。

今の内から戦略を立てて、コロナ禍の状況でも有利に不動産売却を進めていきましょう!
弊社は任意売却エージェントが複数在籍する不動産会社です。
まずはご相談からお気軽にお申し付けくださいませ!

ローンを払い終えた物件を所有しており、売却したい方も相談だけはお早めに!

不動産売買が低調になっていますが、物件はなんと言っても立地が重要です。
都心に土地をお持ちだったり人気の不動産エリアに住宅を持つ方は、コロナウイルスの影響が
あっても十分に売却できます。

立地も含めてそこまでかな?と思われている方も早めにご相談ください!
長期的な売却を考えることでお客様にとって有利な条件で売れる場合もございます。

 

Pick 今後のコロナ不況で不動産価格が下落するのはどこか?

空港周辺の地域

インバウンド重要に牽引される形であった空港周辺の不動産価格は上昇傾向でした。
政府の方針で2020年のオリンピック開催予定年に4,000万人の訪日外国人数を目標としておりました。ただ、コロナウイルスの影響で2020年4月には99.9%減になってしまいました!
実際に関西国際空港近くのスターゲイトホテル関西エアポートはコロナウイルスの影響で事業継続の見込みが立たなくなり営業を終了します。

今後も海外旅行客が戻るまでには最低でも1年程度は必要と言われており、
不動産価格自体も上がりにくい状態が続くでしょう。


観光地の地域

大阪(心斎橋)、東京(浅草)など訪日外国人に人気のある観光地は、
宿泊施設の開発などで大幅な地下上昇が続いていました。
コロナがなければオリンピックでさらに多くの訪日客が見込まれていたが一変した。

外国人観光客に依存していた観光地では不動産価格が回復するのはまだまだ時間がかかる。
大阪の観光地域で不動産をお持ちの方は弊社にご相談ください!売却時期などお客様それぞれに合ったプランを提供させていただきます。

 

不動産業界においてもコロナウイルスの影響は多大なものになっています。
今後もしばらくは状況は変わらないでしょう。

弊社ではコロナ対策の一環として、オンライン相談(zoomなどによる)、
ラインでメッセージやり取りなど不動産業界従来の来店・訪問型のスタイルから
非対面型のスタイルに移行しつつあります。

お客様あっての商売ですので、来店・訪問・非対面さまざまな方法はご用意しております。
大阪でコロナウイルスの影響などによる不動産のお困りごとは「だんらん住宅」にご相談ください!
お客様それぞれに合ったプランをご提案させていただきます!

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!