コラム|大阪市で古い家を売るには?築40年・50年の家だったら

大阪市で古い家を売るには?築40年・50年の家だったら

こんにちは、大阪市で不動産売買を行う「だんらん住宅」です。

ここでは大阪市で築40年・50年の古い家を売るには?についてご紹介していきます。


結論:古い家であっても家を売ることはできます!


買主様の立ち場になって考えてみましょう。
どういった買主様なら家を買うことを決めるでしょうか!?


・買主様が古い家を解体して、家を新しく建てる

土地として考えるパターンです。家を売りにだすとき、当然ですがその土地もついてきますので、
土地の金額として購入を考えられるケースは多くあります。
売主様に解体費用がなくても大丈夫です。大阪市であればまだまだ購入したいと思う需要はございます。


・買主様がリフォーム・リノベーションをしてから住む

弊社が得意としているリフォーム・リノベーション一体型ローンを組むこともできますし、
実際に多くの買主様にはこういったご提案をさせて頂いております。
古い家であっても、リフォーム・リノベーションをすれば快適に住むことは可能です。
だから古い家でも売れるのです。


・不動産会社が買い取ります


これは不動産会社が買い取るパターンです。古い家を買い取ってもと思われるお客様は多いかもしれません。
ただし、古い家をリフォーム・リノベーションして再度販売に出すことで不動産会社が利益を出すのです。
だから古い家でも売れるのです。

 

 

 

ご紹介してきたように、古い家であっても売れます。
古い家だからと諦めることなく、まずは弊社にご相談くださいませ!

 

動画でもご紹介!

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!