コラム|不動産売却査定の問題点

不動産売却査定の問題点

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
売却査定の問題点とは?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

売却査定の問題とは、
仲介手数料のことがあります。

仮に売却査定を依頼して、
売却を依頼したとします。

一般的には仮にすぐに買う人が決まっても
法律上の上限である
物件価格の3%+6万円の消費税分の
手数料をとられることになります。
(取引額400万円超の場合)

買い主が決まるのが1日後であろうと、
1年後であろうと仲介手数料が
変わらないのです。

売却するのに時間がかかる人に
とってはよいかもしれません。

しかし、すぐに買う人が決まるような
人気物件の場合には、仲介手数料を
安くするか、もしくはその分売買価格を
あげるような戦略も必要かもしれません。

というのも、売却価格を決めて
販売開始してたった1日で
購入申込みが3本も入ったというのは
「価格が安すぎた」というケースも
ありえるからです。

ギリギリ買いたいという人が
いるくらいが理想の販売価格です。

ですので、付加価値サービスを付けて、少しでも高く販売してくれる会社を選ぶのが成功の秘訣です。

==========================
仲介手数料は成功報酬
売却開始して1日であろうが
1年であろうが手数料の金額は
基本的には変わらない
==========================

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!