コラム|親が介護施設(老人ホーム)へ入所!実家を売却すべき?どうするか?

親が介護施設(老人ホーム)へ入所!実家を売却すべき?どうするか?

・「親の老人ホーム探しと実家の売却を行いたい」

・「親の老人ホームへ入所が決まった、残った家を売却したい」

・「老人ホームの入所費用を不動産を売却して入居資金にしたい」

といった、親がご高齢になり老人ホーム入所前に不動産売却をしたいというお悩みが増えてきてます。
実際に、弊社で不動産査定をされるお客様の多くは親が持つ不動産の価値を知りたいと考えています。
ここでは、売却後の介護施設を紹介もできる大阪の「だんらん住宅」が、どのように悩みを解決していくかをご説明いたします。

 

結論:実家を売却すべきです!


実家を売却すべき理由とは

老人ホームの入居費用・介護費用を捻出できるため

当然、不動産を売却するとお金ができるので、老人ホーム入居費用を確保できます。
老人ホームの入居一時金は120万程度と言われております。


家の老朽化を防ぐことができるため

家は人が住まないことで老朽化は進みます。実家が空き家になってしまうなら、家を売却した方が良いです。

 


残った実家を残しておくと・・・

控除が受けられなくなる 「居住用財産の3000万円特別控除」は条件有り!

実家を残したまま老人ホームへ入所すると、「生活拠点」が実家から老人ホームに変わるので、
特別控除が受けられなくなります。

空き家問題のお悩み事例 ~空き家問題を先送りしないのが大事です~


・遠方なので維持管理ができない
・荷物が多くてどこから手をつけて良いかわからない
・屋根を修繕しないと台風の時期に屋根が飛ぶのが心配だ
・解体を考えている
・年に数回しか帰っていないので、今後どうしたら良いのかわからない
・地元の不動産会社に管理をお願いしているが、月の固定費が高い

 

固定資産税6倍 ~空き家はお金がかかる~

「空き家を放置すると、固定資産税が6倍になる!」という話を聞いたことはありませんか?
政府は8軒に1軒以上が空き家の現状と今後も増加から予想されることから「空き家対策特別措置法」を制定し、
現在の空き家対策を進めています。

ここでは詳細は割愛しますが、放置すれば保安上の恐れがあるもの・衛生上有害となる恐れがあるものなどは、
「特定空き家」に指定され、固定資産税6倍の措置を取られるというものです。


だんらん住宅は、「家を売る」+「老人ホーム入所」までワンストップで可能!

親の老人ホームへ入所を考えているお客様は、今まで「家が売れるのか?」という悩みと「老人ホーム探し」の悩みがありました。
家の売却費用を元にどの老人ホームへの入所させるか?を検討する方も多いので、。
だんらん住宅では、老人ホーム紹介の企業様と締結しております。
全国7,500箇所以上老人ホームを紹介できる「だんらん住宅」に不動産買取・売却はお任せください!
大阪以外に全国ネットワークがあるため、大阪以外で当サイトを閲覧されている方もご検討ください!

 

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!