コラム|高い不動産査定を出す会社には要注意!

高い不動産査定を出す会社には要注意!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
不動産会社が高い価格査定を出す理由
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

不動産売却査定で不動産会社の
査定価格が高すぎる理由について。

これはなぜかといいますと、
「高い査定価格を出したほうが売却を
任せてもらえる可能性が高いから」
です。

想像してみてください。
あなたが不動産の売却査定を
A,B,Cの3社に依頼したら

A社「3000万円」
B社「2900万円」
C社「3800万円」

となったらどこに頼むでしょうか。

たぶんC社に依頼される方が多い
のではないでしょうか。

(相場よりも高いような気もするけれど)
「とりあえず依頼してみるか。」
となるでしょう。

一度売却の依頼をもらってしまえば
不動産会社としては売却さえできれば
必ず手数料が入ります。

しかも、依頼を受けた不動産会社が買主を
見つけたら手数料は2倍になるのです。

そして、ここがポイントなのですが
査定価格からいくら価格が離れた金額で
契約しても不動産会社としては、あまり
影響がありません。

仮に3,800円で売却依頼を受けて、
結果として3,000万円になってしまった
としても不動産会社としては大きな影響は
ないのです。

その理由はなぜでしょうか。
(長くなってきたので次回に続きます)

==========================
査定価格と大きく異なる価格で
契約しても不動産会社としては
あまり影響がない。
==========================

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
不動産会社が高い価格査定を出す理由
~回答編~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

不動産売却査定で不動産会社の
査定価格が高すぎる理由について。

それは
「査定価格からいくら価格が離れた金額で
契約しても不動産会社としては、あまり
影響がないから」です。

仮に3,800円で売却依頼を受けて、
結果として3,000万円になってしまった
としても不動産会社としては大きな影響は
ないのです。

その理由はなぜでしょうか。

具体的に手数料で比べてみましょう。

3,800万円で売却したときの
手数料 129.6万円。

3,000万円で売却したときの
手数料 約103.68万円。
約26万円手数料が減りました。

でも、買主を同じ不動産会社が
見つけたら3,000万円で売却したときの
手数料 約207万円となるのです。

ですから、値下げをしたとしても、
買い手さえみつければ仲介手数料は
それほど減らないわけです。

というわけで
「不動産会社の最優先項目は売却依頼を
受けること。」
そのためには
「実際は売れないような高い金額で
査定することもOK」

という論理が成り立つのです。

売り上げ重視ということであれば
一つのやり方でしょうが、騙すような
やり方だと思います。

きちんとした根拠があれば・・・
別でしょうけどね。
これを「ズルイ」と考えるかどうか。
あなたはどう思われますか?

==========================
実際には売れないような高い
査定価格を出す理由を知る
==========================

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!