より高く売りたい方
【仲介売却】

  • TOPページ
  • より高く売りたい方【仲介売却】

仲介売却
だんらん住宅
お任せください!

  • 独自の取り組み 100%無料住宅診断!

    診断書付き物件として販売できる

  • 96.85%;片手仲介比率!

    高く売れやすくなります

不動産を高く売却したいなら、だんらん住宅にお任せください!

大阪市で不動産査定・売却を行う大阪市の不動産会社「だんらん住宅株式会社」です。このページでは、できるだけ高く売りたい方におすすめする「仲介売却」についてご紹介します。不動産売却をご検討中の方や相続でお悩みの方は、ぜひ当社にお任せください。

仲介売却とは

仲介売却とは、不動産会社に売買の仲介を依頼し、不動産の買主様を探してもらう方法です。
不動産会社が売主様と買主様の間に入り、宣伝活動で購入希望者を広く募り、買主様との交渉や売買契約などすべての取引を進めます。不動産会社が買い取る「不動産買取」と比べると高額で売却できる可能性が高いため、多くの方に選ばれている取引形態です。

仲介売却と買取との比較

仲介売却と買取の大きな違い、それは「仲介売却」の買主様は個人のお客様であるのに対し、「買取」は不動産会社が買主となる点です。他にもさまざまな違いやメリット・デメリットがあるため、ご理解の上で売却を進める必要があります。
当社はお客様のご要望やご希望をしっかりとお伺いし、どちらの売却方法が適しているのかをじっくり検討した上でご提案致します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  仲介売却 買取
買主 個人または法人のお客様 不動産会社
売却価格 市場相場価格 仲介よりも安価
手続き期間 条件に合う買主様が見つかるまで時間がかかることが多い すぐに手続きが完了
仲介手数料 発生する 発生しない

不動産買取

媒介契約の種類と違い

媒介契約とは

不動産会社に仲介売却を依頼する際には、宅地建物取引業法に則り、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には3種類あり、それぞれ契約内容が異なります。
まず「専属専任媒介契約」では1社のみ仲介が可能であり、売主様自身で買い手を探すことができません。一方「専任媒介契約」は、1社のみの仲介ではありますが、売主様自身で買い手を探すことが可能となります。「一般媒介契約」では、複数の業者への仲介の依頼が可能です。
このように種類によって内容が大きく異なるため、トラブルを避けるためにも、しっかりと理解した上で契約を結ぶようにしましょう。

媒介契約の種類

※表は左右にスクロールして確認することができます。

媒介契約 専属専任媒介契約 専任契約 一般媒介契約
複数業者と契約 ×
1社のみ依頼可能
×
1社のみ依頼可能

複数社に依頼可能
売主様が見つけた相手との契約 ×
契約した不動産会社を通す必要あり

不動産会社を通さず取引可能

不動産会社を通さず取引可能
REINSへの登録義務 5営業日以内 7営業日以内 任意
売主様への報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 任意

※REINSとは:「Real Estate Information Network System」の略称であり、不動産物件情報交換のためのネットワークシステムです。国土交通大臣の指定を受けた指定流通機構によって運営され、東日本、中部圏、近畿圏、西日本の全国4つの指定流通機構があります。仲介を依頼された物件をREINSに登録することで、全国の購入希望者に広く情報を伝えることができ、不動産会社間で情報交換をスムーズに行うことができます。これにより、購入希望者の早期獲得に役立ちます。

仲介売却は「だんらん住宅」にお任せください

当社では長年の実績と経験、そして地元密着型の不動産会社として、根拠を持った売買戦略に基づき仲介売却を承っております。リフォームやリノベーションを前提とし、自社で実施する無料住宅診断による診断書付きの物件として、より高価・早期売却を実現しています。
買主様はもちろん、売主様にも安心してお任せいただける環境が私たちにはあります。「だんらん住宅」の営業マンは歩合制の給料形態ではないため、無理に営業を取りに行くようなことがありません。大手と異なり、囲い込みを全く行いませんので安心してお任せいただくことができます。また「だんらん住宅」は儲けを目的としない中小企業であるため、大手と比較して3分の1で損益が出せます。だからこそ、お客様に寄り添った不動産売却を手掛けています。ぜひお気軽にご相談ください。