実際のご相談内容|旗竿地の一戸建てを任意売却した事例

旗竿地の一戸建てを任意売却した事例

大阪市で一戸建て売却・買取・査定、任意売却を行う

「だんらん住宅株式会社」です。
今回は、旗竿地の任意売却を行った事例について紹介いたします。
似た境遇の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、弊社にご相談くださいませ!

サラリーマンのご夫婦より簡易査定のお申し込みを頂き、
簡易査定書をお送りした後、訪問(詳細)査定をさせて頂きました。

実際に現地に赴き、確認したところ、
入り口が狭く奥に広がる旗竿地であることを確認しました。
旗竿地は売れにくく、価値が2割から3割下がってしまいます。
簡易査定では見えてこなかった部分を見つけたので、
改めて一戸建ての物件においては訪問(詳細)査定が大事だなと思った次第です。

実は弊社は売主様に色々と突っ込んだ話もします。
その内容を聞いとかないと販売活動に支障をきたすであろう箇所は、
予め抑えておきます。

例えば、今回のケースですと「残債金額」について詳しくお聞きしました。
初めは簡易査定の金額で売り払うことができれば残債もなくなるとのことでしたが、
実際に訪問(詳細)査定時に金額が2割ほど下がったことや売っても残債が残るオーバーローンであったことから
債権者(金融機関=ほぼ銀行)と話し合いが必要になりました。
もし、確認もなく、そのまま販売を進めていたら、
途中で債権者に不信感を抱かせるだけでなく最悪、一括返済を求められるケースでした。

旗竿地ということで販売自体も難航しましたが、
債権者より指定された売却期間ギリギリで売ることができました。

任意売却は債権者側との折衝も必要となるため、
どこの不動産会社でも対応できる訳ではないのです。
任意売却は対応がしっかりしている不動産会社を選びましょう!

大阪市で一戸建ての任意売却をお考えなら「だんらん住宅株式会社」まで!

カンタン!無料ご相談

関連する記事はこちら

AIであなたのマンションの価格がスグ分かる!